【あしびなぁ身体均整院】 〜スマホサイト〜

携帯サイトへ

【施術のご紹介】

〜身体均整法は『カラダの歪み』の特徴から要因を見極め
豊富な手技を用いて痛み歪みを解消します〜

 

身体均整法から診たカラダの歪み

 

『カラダの歪み』を見極めて改善する
 身体均整法では,『カラダの歪み』をカラダからのサインとして捉え,先ず
『カラダの歪み』を注意深く読みとる事で,どこの動きが制限されてカラダのバランスが取りづらくなっているかを見極めます.
更に,
不調の要因がカラダの外側にあるか内側にあるかを見極めます.

 次に,手技によって骨格・筋肉などのカラダの外側のバランスを取り直します.
更に自律神経調整の手技などによって内臓などカラダの内側の不調な部位の働きを回復する事で,異常な『
カラダの歪み』を改善して,本来の『くつろぎの姿勢』とする事で,痛みや歪みを解消します.
また継続的な調整によって,本来の『くつろぎの姿勢』を習慣付け,カラダが本来持っている回復力・治癒力を高めます.

 身体均整法は,豊富な手技を用いる事も特徴の一つであり,これが他の一般的な整体法と『ひと味違う手技療法』となっています.
 経絡経穴,オステオパシー,操体法(反射法),カウンターストレイン法,脊髄神経反射(スポンデロテラピー),関節運動学など,東洋医学と西洋医学の垣根なく考案された数多くの手技操法によって調整を行います.

身体均整法で用いられる手技 
 実際の施術では,お客様のカラダの状態や不調の状況に合わせて多くの手技の中から選択し,組み合わせて用いるため,明確には分類できませんが,身体均整法で用いられる主な手技には次のような操法があります.

<12種体型学,観歪法,姿形整容法,類別克復法,相関関係などの操法>
 身体均整法の独特の理論によって,不調の要因がカラダの外側にあるか内側にあるかを見極め,歪みの種類や要因に適した手技を用いてカラダの歪みや内臓の働きを改善します. 特に観歪法(かんぷうほう)は,12種体型学に脊髄神経反射(スポンデロテラピー)の考え方を取り入れて編み出された操法であり,カラダに内側にある不調の要因を効果的に改善します.

<頭骨操縦法,骨格操縦法,筋肉操縦法,内臓操縦法,自他動操縦法などの操法>
 12種体型,観歪,姿形整容などの基本操法として,またそれらをより効果的とするための操法です. 主に解剖学的な知見によって,部位ごとの不調の状況に適した手技で調整します. 一般的にはオステオパシー,操体法(反射法)などと呼ばれています.

<経絡経穴反射法,疼痛法,小児老人法,救急法などの操法>
 12種体型,観歪,姿形整容などの基本操法として,またこれらをより効果的とするための操法です. 主に東洋医学的な知見によって,カラダ全体としての状態・状況に適した手技で調整します.

身体均整法について,より詳しくお知りになりたい方は次のリンクをご覧下さい.
[身体均整法ってなに?] http://www.kinsei.or.jp/feature.php
[身体均整法ご紹介]
          
 http://www.kinsei.ne.jp/kinseiho/index.htm
[身体均整法の技術と理論] http://均整.jp/gijyutu/index.html

[身体均整師会] http://www.kinsei.ne.jp/
[身体均整法学園] http://www.kinsei.or.jp/
[身体均整師会付属 均整センター] http://kinsei-center.com/

 

 

 

Copyright(C) Ashibina Body Design & Ashibina Factory All Rights Reserved.