【Ashibina Factory】

〜 小規模データベースの作成をお手伝いします 〜

 Ashibina Factoryは,ファイルメーカーProを用いて,お客様のご使用方法・用途に合わせた【小規模な業務管理ツール】を作成するお手伝いをいたします.

 売上集計,仕入れ・販売管理,納品書・請求書・帳票類の印刷などから,顧客営業情報までを一括管理する業務管理ツールを作成します.

ファイルメーカーProで作成した業務管理ツールは,複数のPCで同時に使用・データ共有できます.

電子ファイルや電子化書類の保存・検索,電子カルテなどのデータ整理にも活用できます.

 ファイルメーカーProで作成したツールは,Excelとのデータをやり取りする事ができ,Excel上でデータ加工や集計が可能となります.
このデータ移動や集計の際に,マクロプログラムを利用する事で容易にできるようになります.

Ashibina Factoryでは,個別の業務管理ツールに適したExcelマクロ作成もお手伝いいたします.


             
 旧バージョンのファイルメーカーProの有用性

 Ashibina Factoryが,主に扱っているファイルメーカーProは,バージョン5〜9になります.
ファイルメーカーProバージョン5〜9は,1999年〜2007年にファイルメーカー社(現クラリス社)が開発販売したデータベースのアプリケーションです.

 現在,ファイルメーカーProには,更に高位のバージョンが多数あります.
今更ながらファイルメーカーProのバージョン5〜9を扱う理由は,
抜群の低コスト性と簡潔な操作性があるためです.

 Ashibina Factoryでも,より高位バージョンのファイルメーカーProを扱う事がありますが,バージョンが高くなるほど,より高性能のパソコンが必要であったり,パソコン上での動作が遅くなったりします.

また,高位バージョンのファイルメーカーProは,多くの機能が追加されつつあり,それに伴うバージョンアップも頻繁に行われ,価格も数倍となって経費ばかり嵩んでしまうのが現実です.

 ファイルメーカーProのバージョン5〜9は,古いアプリケーションのため,Windows10などの新しいOSのパソコンにインストール時に,少しだけコツが必要です. また,現在はWindows10で動作していますが,Windows11以降でも問題なく動作するかは,確認できていません.

しかしながら,それを考慮してもファイルメーカーProのバージョン5〜9には,十分な低コスト性で且つ扱い易い操作性があります.

 Ashibina Factoryでは,ファイルメーカーProのVer.3〜6(.fp5),Ver.7〜11(.fp7),Ver.12〜(.fmp12)での開発が可能ですが,先の理由からVer.5〜9を主に扱っています.
バージョンを3つの区分に分けているのは,ファイルメーカーのファイル形式が,区分間での互換性が無く,変換が必要なためです.

 

 小規模な業務管理ツールとは?

 ファイルメーカーProで作成したデータベースを,10台位のパソコンで共有できれば十分と言った【小規模な業務管理ツール】であれば,機能的にもコストパフォーマンス的にも十分に有用性があります.

ファイルメーカーProの仕様上は,もっと多くのパソコンで共有できますし,もちろん単一のパソコンで業務管理ツールとして使う事もできます.

 例えば,複数の事務所間 或いは パソコン間で,既にパソコンのネットワーク環境がある場合は,比較的容易に共有使用できる可能性が高いです.
ネットワーク環境は,個別の状況がありますので確認が必要ですが,共有するパソコンの物理的な距離は関係なく使用できます.

 クラウド上にデータを置いて,ご自宅や外出先の多数のスマホなどから共有使用するなどの【大規模な】或いは【特殊な】システム構築は基本的に扱っておりません.

 

 ファイルメーカーProの機能・特徴

 主なファイルメーカーProの機能や特徴は,次のようなものがあります. 

データ入力画面のレイアウトや操作ボタンを,お絵かきソフトのように直感的に作成・変更ができます.
 紙書類と同じ様式や書式を,パソコン画面上に同じ見た目で表示する事ができ,紙書式に記入しているように使用できます.

入力した時のデータ処理・計算などの動作を,比較的容易に作成・変更ができます.
 操作ボタンをクリックしたり,入力したデータを自動計算するなど,ファイルメーカーProの動作を設定するスクリプトの作成には,多少の慣れが必要です.

 ファイルメーカーProには,最小単位となるスクリプトは既に組み込まれています.
スクリプト作成では,単位スクリプトを実行させたい順番に並べて行くだけで,動作させたいスクリプトが出来上がります.
 ですので,単位スクリプトの並べ方に慣れてしまえば,そのデータベースを使用している担当者自身で,使い易いように,気が付いた時にその場で改善していく事ができます.

 業務データの管理に頻繁に使用されるExcelでも,紙書式と同等の入力画面で作成はできます.
しかしExcelでは,データ入力時の動作はマクロプログラムを書かなければならず,相当な熟練が必要です.
ファイルメーカーProのスクリプト作成には,このような熟練は不要です.

作成したファイルは,ファイルメーカーProをインストールした複数のパソコンから共有使用ができます.
 作成したデータベースファイルは,サーバーなど一台のパソコンで開いておく事で,ネットワークで接続可能な複数のパソコンから操作する事ができます.
パソコンはWindowsでもMacでも,ほぼ同じように共有・使用する事ができます.

ファイルメーカーProのファイルは,CSVファイルを介してデータのインポート・エクスポートができます.
 ファイルメーカーProのファイルは,CSVファイルとのデータのやり取りができるため,Excelでのマクロを使ったデータ加工や集計が可能となります.
このため,既存のシステムなどとデータのやり取りが可能です.

 業務管理ツールの作成例

 今までに作成してきた,ファイルメーカーProを使った業務管理ツールの一例です.
Ashibina Factoryでも,複数の業務管理にこれらの自作ツールを使用しています.

電子カルテ
 顧客情報,治療・既往歴,カルテ記録,売上管理,電子ファイル登録・検索,予約状況管理など

業務管理ツール
 顧客営業情報,受注管理,進捗管理,売上管理,見積・納品・請求書など帳票類の発行など

出退勤管理ツール
 出退勤時刻の記録,労働時間集計,時間内外手当の自動計算・集計など

具体的な各種ツールの作成例
 下記の外部サイトに,各種ツールの作成例を掲載しています.
下記サイトは,外部の業務依頼サイトですので,ご相談や受付を直接には承っておりません.
直接のご相談・受付などは,このホームページからお受けしております.

(作成例の掲載サイト)
 https://www.lancers.jp/profile/Ashibina_Factory

 業務管理ツール作成の概算料金は?

 Ashibina Factoryでは,小規模な業務管理ツールの適用先として,分野に関わらず中小の企業や自営業を想定しています.

このため,業務管理ツールの規模にも依りますが,最大でも10万円程度を想定しています.

 ご要望のツールが複雑であったり,規模やご予算が想定外に大きかったりすると,Ashibina Factory自体が小規模ですので,工数や設備的にご要望にお応えできない場合もあります.

 ファイルメーカーPro Ver.6 無料評価版の入手

 ファイルメーカーPro Ver.6の無料評価版が,販売元のクラリス社の下記リンクからダウンロードできます.
お試しが必要な場合にはご利用下さい. 評価版ですので,試用期間は限られています.

(Claris社ダウンロードURL)
Windows用: https://downloads.claris.com/kk/trial/fmp/fm_60jv1_win_trial.zip
Mac OS 8.x-9.x用: https://downloads.claris.com/kk/trial/fmp/fm_60jv1_mac_trial.sit
Mac OS X用: https://downloads.claris.com/kk/trial/fmp/fm_60jv1_osx_trial.sit

Copyright(C) Ashibina Factory All Rights Reserved.